So-net無料ブログ作成

東日本大震災のこと [東日本大震災 20110311]

2011年3月11日14時46分 地震発生。宮城県で震度7。

その後も連続で震度5の地震が2回続く。


休む間もなく余震だらけ。


地震直後に大津波警報が発令される。


まもなく津波襲来。
警報の時点で3メートルの予想が、釜石では4.1メートル。
だがそれ以上は計測不能らしい。
映像を見る限り10メートルはありそう。



岩手県上閉伊郡大槌町の人口はおよそ16000人。

避難者は5000人程度。

今のところ犠牲者は200人弱。


あたしのおばさんもその一人でした。


地震の直後に実家の母、父に電話するもつながらず、おばさんの自宅へかけた。おばさんが電話に出たので、大丈夫?と聞くとまだ揺れてるとのこと。立っていられない程だとも言っていた。そんな時なのに、そっちは大丈夫か?なんて聞かれて、ゆれたけどなんともないよ!大津波警報出てるから逃げてね。と伝えました。そしたら、2階に逃げるから大丈夫。と言うので、ダメ!ちゃんと城山に逃げて!と言って、まだ揺れてることを警戒して、気を付けてねと言って電話を切りました。

それから1週間、誰とも連絡とれず、テレビでもなかなか大槌の情報は入らず、ネットでひたすら検索し続けました。夜も昼も眠れず、妊婦健診中に気持ち悪くなり、仕事もいけなくなりました。


全員分をGoogleの検索する掲示板に登録。他にも出来る限りのネットワークを使いました。
結果、母と父はなんとか避難者リストで発見。別々の場所でした。母の仕事場は海の目の前だったのですが、その日は休んだんだとおばさんが言ってました。


3日目くらいから大槌の情報が徐々に入ってくるようになり、兄弟で連絡を取り合う。兄弟とこんなにやりとりしたことは無かった。


その後、Googleの検索サイトに、おじさんを見ました。と親戚からの書き込みがあり、早速姉に連絡し、載っていた番号にかけてもらう。おじさんに間違いなし。ただおばさんは一緒ではないとのこと。


一気に一番気にしていたことが頭に浮かびました。あたしが電話したから…。


どうにか、どんな状況でもいいから生きていて!!
兄弟全員がそんな想いで、いろんな情報を探しました。どんな些細な事でもいいから。


徐々に地元の友人からメールが届くようになった。まだ電波、電気が完全ではないため、返信しても返事はない。


3/17。仕事に行った。産休前ってこともあるし、今週までと話していたため。
仕事が終わるころ、姉から新しい情報がメールで届く。
避難者リストに追加があり、母の名前で家族みんな無事との書き込みが。ただ避難所がちょっと遠い…。本人確認できず。


3/18。仕事に行った。
午前中、地元の友達から電話がくる。無事とのこと。津波の被害はなく、家も倒壊などしておらず、ガスはプロパンだったのでご飯もなんとか大丈夫だと。朝からやっと電気が繋がり、電波の入るところまで移動して掛けてくれたみたい。なにより無事で良かった。


友達から電話が来たこと、電気がつながったことを兄弟にメールする。おそらく母のところにもじきに届くはず。


午後1時半くらい。携帯の着信が鳴る。母からでした。
急いで出たが、母からは「今は一人。パパとおじちゃんは無事だけど、姉(おばさん)はダメだった。逃げ遅れたらしい…。」と。
母は割と元気そうでした。

その後、姉から着信。
「あたしが電話したから」と思わず言ってしまった。「そぅいうんじゃないから!」「おばさんに何にも返してあげれなかったね。これからやっていけばいいと思ってた」…ほんとにそう。これからだった!


その後、兄から着信。
「おまえが電話したからじゃないからな。おまえが電話したから逃げたんだ。」

おばさんは2・3日前から足を痛がってたらしく、地震の時おじさんに「早く逃げて」と言い、自分は離れた弟(あたしの父)の家に向かったみたい。自分の心配より他人の心配をする人だったので、父の事が気になったんじゃないかと。



誰よりもあたしの結婚妊娠を喜び、いつでも手を貸してくれて、赤ちゃんの時から親のように育ててくれました。あたしが結婚出来たのはおばさんが居たからだし、泣いて喜んでくれた。おばさんは子供が出来なかった為、あたしの妊娠をずっと気にかけてくれて、妊娠したと報告したときも泣いて喜んでくれた。地震の前の週におばさんから手編みのおくるみとかベストとか届いたんだよ。まだお礼してなかったのに。この間の両親学級のときの写真をつけて手紙を書こうと思ってた。


あたしが今できることは、今おなかにいる赤ちゃんを元気に産んで育てること。そして、おばさんに見せるんだ!

おばさんは神様になったから、絶対どこかで見守ってくれてる。





一週間前の地震のこと、おばさんのこと、何一つ忘れちゃいけないと思い、記事にすることにしました。
この地震で非常に多くの想像出来ない程の被害が出ていて、まだまだ安否のわからない方もたくさんいます。自分に出来ること、なんでもいい、出来ることをやっていきたいです。

これ以上の被害を出さないために日本のみんなが協力したら、すごい力になるはず。


誠心誠意、ゆるぎない気持ちで、支えていきたいです。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

亀仙人タカヨシ

【初コメ失礼します。】

_| ̄|○)) オハツデス ((○| ̄|_

自分も未だに宮城にいる友人と1人も連絡が取れません。

お気持ちは察しますが、発見されていない人の事を考えるとまだ幸せなのかも知れません。[悲しい顔]

自分の元カミさん一族は97歳のおばぁちゃんを筆頭に、全員が存命でした。

『風呂に入れない』『顔が洗えない』『物資が不足している』と本人は苦言を言っていましたが、『生きているだけで儲けもんなんだ[!!]』等々、噛み砕いて諭しました。

岩手も千厩に良く派遣の仕事で行っていました。

仙台に結構長く住んでいたので、風景を思い出す度に、友人達の顔を思い出し、TVを見る度に目頭が熱くなります。

ただ自分としては、いつまでも悲しんでいても立ち上がれないと思い、少しずつではありますが自分を取り戻しつつあります。

今回はご訪問頂き有難う御座いました。

又、長文、乱文失礼の程お許し下さい。<m(__)m>
by 亀仙人タカヨシ (2011-03-19 09:20) 

亀仙人タカヨシ

済みません。

書き忘れたのですが、元カミさん一族は全員が仙台の青葉区に在住しています。

失礼しました。<m(__)m>
by 亀仙人タカヨシ (2011-03-19 09:22) 

oto

だれも とがめる事はありません。
はじまりは終わり・・終わりははじまりです。
きっとその新しい生命がはじまりを告げてくれることと
思います。がんばってくださいね。[嬉しい顔]
by oto (2011-03-19 11:13) 

太陽のうそつき

無事に元気な赤ちゃんが生まれますように[ぴかぴか]
お体、大事になさってくださいね[嬉しい顔]
by 太陽のうそつき (2011-03-23 15:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。